経済界最高峰の資格、公認会計士とはどんな資格なの?

>

公認会計士になるために必要な学費と合格後の流れ

公認会計士になるために必要な学費は?

公認会計士の試験を受験される方は、「専門学校に学生として通学する」か、「大学などに通いながら、Wスクールをする」か、「働きながら社会人向けの学校に通う」かのいずれかの道を選択されるのが、ほとんどです。

まず「専門学校に学生として通学する」場合の年間の学費は、年間でおよそ145万円ほどになります。「大学などに通いながら、Wスクールをする」場合は、年間で約125万プラス45万(Wスクールの学費)円ほどです。

ただ、大学でのWスクールの場合、本人がいつから勉強を開始するかによって、45万円で済むこともあれば、2年間Wスクールをした場合は、その倍のWスクールの学費がかかるなど、さまざま。ですから、あくまで参考レベルでご理解ください。

最後に「働きながら社会人向けの学校に通う」場合の学費は、コースがかなり細かく分かれるので、一概には言えませんが、およそ40万~60万円ほどになります。

公認会計士試験の合格後の流れについて

先ほどの「公認会計士の試験に合格すれば、すぐに公認会計士になることができるのか?」に対する答えですが、「公認会計士の試験に合格しても、すぐに公認会計士になれることはありません」。

まず「公認会計士の試験に合格」したら、「監査法人などに2年間勤務」する必要があります。では、2年間の監査法人などへの勤務後に、やっと公認会計士になれるのか、と言えば、そんなことはありません。

次に待っているのが、「(原則)3年間の補習所通学」です。さすがに、「2年勤務して、3年通学したらさすがにもう公認会計士になれるでしょ?」と言われそうですが、ここでも答えは「ノー」。

その補習所通学の後に待っているのが、「修了考査」になります。この修了考査ですが、最終年次の1月に行わる試験になり、その合格率は70パーセントほどになりますが、この試験合格後、やっと公認会計士になれるというわけです。


この記事をシェアする